いつも待ちぼうけの床屋

これは変な人というわけではないのですが、興味深かったので紹介します。

家の近所にある床屋は、いわゆる昔ながらの床屋である。

1,000円とか1,500円などの格安でカットする店の影響で、とても暇そうである。

10回通りかかるうちの9回くらは、オッサン2人でボーっと店外を見て突っ立っているのである。

そりゃ厳しいでしょう

確かに、格安カットの店は商売に影響するんだろうね。

外見を気にするひとなら、床屋じゃなくて美容院に行くだろう。

気にしない人なら、1,000円のお店で十分と考えるはず。

3,000円とか4,000円でカットしてもらうメリットはほとんど見つからない。

何か違うことすれば良いのに

でもさ、オッサン2人が外向いて立ってるのもどうかと思うんだよね。

はっきり言って、客に対してはプレッシャーですよ。

入り口付近でオッサンが外を向いて立っているのを見て、一見さんが入ろうとは思わないでしょ。

それに、もてあました時間があるのなら、その時間に何かお金になることすれば良いのに。

そんな気力も無くなっちゃったのかなあ?

政党事務所になった床屋も

ちなみに近くにある別の床屋は、ある日突然 政党事務所に生まれ変わりました。

これには驚かされました。

「マジかよ!」と言ったのを覚えています。

タグ: , , ,

コメントは受け付けていません。